進撃のブロスター

ポケモンのブログ

【剣盾s14ダブル】鳥馬スタン【最終696位】

 

●はじめに

初めまして。apと申します。

好きなポケモンは、ブロスターバンギラス・レジエレキです。

オンラインでの対戦はORASからゆる〜くやってましたがシングルであまり勝てず、今回本格的にダブルに参入したところ思いのほか勝てたので記事として残しておこうと思いました。

 

 

●使用構築

f:id:qss7second:20210126185725j:image(ブロスター…)

まず使いたいポケモンのレジエレキとガラルファイヤーから構築を考え始め、多少の試行錯誤を経てこの形になりました。

トリルや天候等のコンセプトがあるわけではないので、相手への対応範囲を広げるためにダイマ要員を鳥と馬の2枠用意しました。

ほとんどが使用率上位のポケモンで構成されているのでシンプルかつ強力で、私のようなダブル初心者でも使いやすいのではないかと思います。

 

 

●個体詳細

(ステータスの略称としてHABCDSを使用します)

 

f:id:qss7second:20210128010822p:image

レジエレキ @磁石

特性:トランジスタ  性格:おくびょう(S↑A↓)

実数値:155-×-70-152(252)-71(4)-277(252)

技:まもる/10万ボルト/ボルチェン/エレキネット

ダブルでの相棒。ミラー意識の最速で採用。高速で使いやすいのは間違いないが、性能上動きが読まれやすいポケモンなので、選出したときの立ち回りにはかなり気を遣った。

 

f:id:qss7second:20210128010840p:image

ファイヤー(ガラルの姿) @オボンの実

特性:ぎゃくじょう  性格:ひかえめ(C↑A↓)

実数値:175(76)-×-111(4)-165(236)-146(4)-134(188)

技:燃え上がる怒り/暴風/悪巧み/まもる

ダイマ要員その1。最強の鳥。Cは11n、Sは+1で最速130族抜き、残りを適当()に耐久に振った。火力が少し物足りないのでダイジェットの威力が高い暴風を採用し、持ち前の耐久力とオボンで場持ちも良くした。

 

f:id:qss7second:20210128010858p:image

ルカリオ @気合いの襷

特性:せいしんりょく  性格:ようき(S↑C↓)

実数値:145-162(252)-90-×-91(4)-156(252)

技:インファ/コメパン/しんそく/冷凍パンチ

今回の構築で唯一のマイナー枠。80族台やSに割いていないランドロスを抜くために最速。元々この枠は悪ウーラオスだったが、威嚇や怯みが無効になり、ふいうち等の上からしんそくを打つことができる点で個人的に使いやすかったので採用。リオルと勘違いして稀に挑発を打たれることがあったのもマイナーの利点。

 

f:id:qss7second:20210128010923p:image

カプ・レヒレ @食べ残し

特性:ミストメイカー  性格:ひかえめ(C↑A↓)

実数値:177(252)-×-135-159(236)-150-108(20)

技:濁流/ムンフォ/瞑想/まもる

型こそ違うもののシングルでも信頼度の高いポケモン。HSベースがメジャーだとどこかで聞いたこともあったが火力を確保したかったのでSには少ししか振らなかった。性能的に強いのはもちろん、濁流の追加効果の命中ダウンで無限の勝ち筋も作ってくれた。

 

f:id:qss7second:20210128010946p:image

ガオガエン @フィラの実

特性:いかく  性格:しんちょう(D↑C↓)

実数値:200(236)-140(36)-114(28)-90-143(156)-87(52)

技:フレドラ/バークアウト/猫騙し/捨て台詞

使用率トップのぶっ壊れポケモン。当初は突撃チョッキ持ちのメタグロスを使っていたが、ダイマ候補が多くなってしまい立ち回りに柔軟性が欠けるためガオガエンに変更。本当に使い勝手の良いポケモンで、使用率トップたる所以が理解できた。

 

f:id:qss7second:20210128011002p:image

ブリザポス @弱点保険

特性:しろのいななき  性格:いじっぱり(A↑C↓)

実数値:199(188)-216(252)-150-×-139(68)-50

技:氷柱落とし/インファ/ヘビボン/10万馬力

ダイマ要員その2。最強の馬。トリルでの運用ではないので中途半端な振り方をするよりHAぶっぱ余りSで良かった気がする(Sに振ったつもりだった)。使った人はわかると思うがとにかく火力が凄まじく文字通り暴れ馬になってくれた。

 

 

●選出・立ち回り

これといって決まった選出はなく、基本的にはダイマ要員(鳥or馬)を初手に出し、あとは相手の構築を見て選出していた。良く言えば臨機応変、悪く言えば不安定な選出だったと思う。

立ち回りに関しても相手との兼ね合いで決めていたが、ほとんどの試合で初手ダイマをぶっぱなしていた。

参考にならなくてすみません。

 

 

●苦手なポケモン

メタグロス

クリアボディで能力が下がらず、且つ火力も高くめちゃくちゃ苦戦した。馬を対面させてぐちゃぐちゃにするかぐちゃぐちゃにされるかの博打に持ち込むしかなかった。

ロトム(ヒート、ウォッシュ)

そこまで数は多くないが、後発から悪巧みを積んでダイマックスしてくるタイプのロトムはかなり厳しかった。

コータス

トリルからのコータスで噴火を打たれているだけで終わった試合が忘れられない。

 

 

●戦績

瞬間110位が最高でした。(写真撮っとけば良かった…)

f:id:qss7second:20210201120744j:image

最終順位は696位、レートは1737でした。

しっかり潜ったのが初にしては上出来だったのではないでしょうか…(?)

そのうち二桁とかレート1800とか目指せるようになりたいですね。

 

 

●最後に

ここまで読んでいただきありがとうございました。

シリーズ8では禁伝が解禁されて環境がガラッと変わるのでこの構築がこのまま参考にはならないと思います。しかし、複雑な立ち回りやS操作をなるべく削ぎ落とすというコンセプト自体はこれからも続けていけそうなので禁伝環境のダブルバトルも楽しみたいですね。

ではでは✋